障害者雇用とは?障害者雇用促進法の改正から考える転職を成功させるポイント

「障害者雇用促進法」をご存知でしょうか?

「障害者雇用促進法」は、障害者の職業の安定を図ることを目的とする法律です。
障害のある方に対し職業生活における自立を実現するための職業リハビリテーション推進について、また事業主が障害者を雇用する義務をはじめ、差別の禁止や合理的配慮の提供義務等を定めています。

法定雇用率は、原則として5年ごとに見直しが行われることになっています。
また、「対象障害者」に「精神障害者」も加わったことから、法定雇用率も引き上げられることになりました。
直近では、2018年4月1日以降の法定雇用率が改定されています。
2018年4月から2.2%に、2021年3月末までには2.3%にまで引き上げていく計画とのことです。

つまり、障害を持つ方にとっては、働きやすい環境が拡充していくことを意味しています。
このタイミングを転機に、転職を考える方もいらっしゃると思います。
改めて、障害者雇用について知り、より自分らしく働くことについて考えてみましょう。

障害者雇用と一般採用の違いについて理解しよう

障害者の方が転職するにあたり、まず最初に考えるべきは、障害者雇用枠と一般採用枠の違いについてです。
障害者手帳を所持している方であれば、障害者雇用枠と一般採用枠の双方に応募することができます。

障害者の一般採用枠利用について

障害を持つ方であっても、健常者と同様に、一般採用枠に応募することができます。
一般採用枠は、障害者雇用枠に比べて求人が多いため、やりたい仕事を選べる可能性が高くなります。

しかし、あくまで「一般採用枠」です。
障害に対する配慮はないことが前提なので、「健常者には理解されにくいが、障害者にとって必要な休憩」などがいただきづらくなることも。
とはいえ、障害を持っていることを伝えなければ、会社と個人、双方にとっての不幸を招いてしまうケースもあります。
もし、一般採用枠に応募をする場合は、体調の把握や現在の障害の理解等はしっかり行い、会社とも円滑なコミュニケーションを常々取れるようにしておくことが必要になります。

障害者の障害者雇用枠利用について

障害者雇用枠とは、一般採用枠とは別に、企業や公的機関に就職する方法です。
障害者雇用枠を設けている企業には、合理的配慮の提供が義務づけられています。
採用時に「障害のある人が業務を遂行するに当たって、支障となりうる事情を改善しなければならない」といった配慮が必要なのです。

そのため、職場の上司や社員も、障害に対する理解がある。
働きやすい環境や雰囲気をあらかじめ用意してもらえたり、障害が原因で遂行困難な業務に配慮してもらえたりと、「あなたに合った働き方」を提供してくれます。
一般採用枠に対して仕事の募集は職種の広さが限定されてしまうことはありますが、体調に配慮しながら活躍できることが、大きなメリットです。

障害者雇用の転職を成功させるために覚えておきたいこと

法定雇用率が改定されたとはいえ、法定雇用率を守れていない企業が多いのが現状。
つまり、まだまだ障害者の雇用環境は整っていません。
転職活動も、健常者と比較し、まだまだ難しいのが本当のところです。

障害者の転職活動が大変な理由は、他にも数多くあります。
ただ、きちんと準備することで、自分に合った企業を見つけ、自分らしく働くことも可能です。
転職を考える際は、転職活動に必要な手順をしっかり知っておきましょう。

まずは「自己分析」をしよう

転職活動をするにあたり、「転職が目的化する」ことは避けましょう。
働く時間は、人生の中で最も多くの時間を費やすことの一つです。
仕事を通じて自己実現を目指すためにも、自分に合った環境で働くことが大切です。

そうした働き方を実現するためにも、まずは自分に合った働き方を見つけてみましょう。
そのために必要なのが、自己分析です。
「自分はどんな仕事がしたいのか」「なぜ、その会社を選んだのか」「どんな経験や能力を活かせるのか」「どんな仕事を通じて会社の役に立ちたいか」
といったことを自分に問いかけ、自分の人生観、そして職業観を確かなものにしましょう。

働きたい会社を見つけてみよう

自分の人生観や職業観を確かなものにしたら、自分に合う環境(会社)を探してみましょう。
障害者雇用をしている会社の求人を見つけるためには、転職サイトやハローワークにアクセスするのが一般的です。
しかし、サイトによって求人の数にばらつきがあるため、自分に合った会社を探すのは大変です。

しかし、豊富な求人を持つエラビバであれば、専属のエージェントが複数の求人を横断して、あなたに合った会社選びをサポートすることができます。
プロのサポートがあれば、自分だけは難しい転職先選びも、スムーズに完結させることができます。

面接官に「会いたい!」と思われる履歴書・職務経歴書を書いてみよう

入社したい会社が見つかったら、実際に応募してみましょう。
採用担当者があなたに興味を持ってくれれば、面接の前に、履歴書と職務経歴書の提出を求められることが一般的です。
その内容によって、面接の可否が決定されます。

履歴書は採用担当者が「応募者のプロフィールを確認する書類」であり、職務経歴書は「これまでの業務経験と仕事で活かせるスキルを確認する書類」です。
転職を成功させるためにも、ここでしっかりPRをすることは必須です。
それぞれ書き方があるため、解説します。

障害者採用の履歴書の書き方

履歴書はある程度フォーマット化されているので、項目に学歴や資格を埋めていけば、問題ありません。
購入もしくはインターネットでDLする際に、サンプルがついてきますから、書き方は参照いただいて構いません。
注意すべき点は、志望動機の書き方です。
短い文章で「この人に会ってみたい!」と思わせる必要があるので、採用者の視点に立って「どんな人なら会ってみたいか」をよく考えてみましょう。

障害者採用の職務経歴書の書き方

職務経歴書は「これまでの業務経験と仕事で活かせるスキルを確認する書類」ですから、あなたの能力を最大限にアピールする場だと思ってください。
ただ経歴を書くだけでは、履歴書と変わりません。
「できること」や「やったこと」だけでなく、「どのようにしてやったのか」という、過程や努力を見せることも忘れずに。
採用担当者に「この人は活躍してくれそうだ」と思わせるような構成を心がけてください。

より詳細なテクニックについては、履歴書・職務経歴書の作り方に詳しくまとめてあります。
転職活動をする際に、チェックしてみてください。

障害者でも、転職は成功させられる!

これまで、事実として「障害者=仕事ができない人」という偏見が少なからず合ったと思います。しかし、果たして本当でしょうか。
世の中には無数の仕事があり、人は誰で合っても、その人にしかない特徴を持っています。

それぞれが自分に合った働き方をすることができれば、活躍できない人などいない。
これが、私たちエラビバの考え方です。
「障害者=仕事ができない人」という偏見は、もう捨てましょう。昨日の常識は、今日の非常識です。

私たちは、障害者の転職・就職活動を全力でサポートし、誰もが自分らしく働ける社会の実現を目指しています。

ご登録はこちら